TOP


第103回全国高校野球選手権兵庫大会

準々決勝
「接戦制し、ベスト4へ!!」

東播磨000 100 000|1
報 徳100 010 00x|2
田村ー南條


堅い守りを誇る両チーム、1点を争う好ゲームとなった。1回裏報徳は先頭北田が左前打、次打者榊原の時に盗塁成功。榊原四球、宮浦犠打で、1死2、3塁。4番下井田の左犠飛で1点を先制。5回裏は先頭北田が左前安打で、榊原も左前安打で続き、3番宮浦の犠打で1死2、3塁。ここに四球が加わって満塁となり、次打者南條の併殺崩れの間に1点を加えた。先発の田村は9回5安打1失点の力投でリードを守り切った。東播磨も5回表一死満塁から内野ゴロの間に1点を挙げるなど、持ち前の粘りを見せたが、あと一歩届かなかった。




















————————————————————————————————————————–